PR
写真 古河電工が参考出展した電力線モデム内蔵GE-PON装置
写真 古河電工が参考出展した電力線モデム内蔵GE-PON装置
[画像のクリックで拡大表示]

 古河電気工業は東京ビッグサイトで開催中の「WPC EXPO 2005」に,高速電力線通信モデムを内蔵した「GE-PON」(gigabit Ethernet-passive optical network)装置を参考出展している。

 GE-PONは,1本の光ファイバ回線を複数のユーザーで共同利用するための仕組み。FTTH回線のユーザー宅側に設置するONU(optical network unit)と,収容局側に設置するOLT(optical line terminal)で実現する。東西NTTの「Bフレッツ」やソフトバンクBBの「Yahoo! BB 光」などで利用されている。

 古河電工の出展品はユーザー宅に設置するONUに電力線通信用モデムを内蔵しており,電力線モデムをつないだパソコンなどとイーサネット配線なしで通信できる。「ONUにさらにブロードバンド・ルーターを内蔵し複数台の端末を接続を実現することも視野には入っている」(古河電工)。

 現時点では,高速電力線通信は国内での利用が認められていない。製品化が認められる見込みの来夏に向けて開発中だという。

(山根 小雪=日経コミュニケーション