PR

 電気通信事業者協会(TCA)は11月8日,10月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表した。10月1日にKDDIが旧ツーカー・グループ3社を合併してから初めての契約数発表となるが,au(KDDIと沖縄セルラー電話)とツーカーの契約数は別々に公表されている。

 事業者別の月当たり純増数は,auが前月に比べて23万5400と大幅増。4カ月連続でNTTドコモを抑え首位を堅持した。増加の理由はauへの移行キャンペーンにより,旧ツーカー・グループのユーザーがauに切り替えたためと考えられる。旧ツーカー・グループの純減数は9万1600で,auとツーカー・グループを合わせた純増数は14万3800。それでも10月分のNTTドコモの純増数9万100を大幅に上回る。

 10月末時点でのauの契約数は2093万9000,ツーカーの契約数は343万5900,合計では2437万4900契約となり,NTTドコモの契約数4999万4300の半分に迫った。

 3位のボーダフォンは純増数は4500と微増。先月に引き続き純増は維持し,累計で1499万6000契約となった。携帯電話全体では8936万5200で前月から23万8400の微増である。

 PHS事業者のウィルコム・グループ(ウィルコムとウィルコム沖縄)は,純増数6万1900と引き続き増加を維持。累計では349万9300契約となった。 ウィルコムの純増数は特に東京地区で4万3700と好調。この数字はNTTドコモの関東・甲信越エリアの携帯電話の純増数3万9300を上回っている。