PR

 総務省は11月9日,9月に携帯電話事業の新規参入を申請を受けたソフトバンク,イー・アクセス,アイピーモバイルの3社の無線基地局開設計画を認定したと発表した。同日開催した総務相の諮問機関である電波監理審議会に諮問し,3事業者への周波数割り当てが適当との答申を受けた。携帯電話業界に12年ぶりに新事業者が誕生することになった。

 ソフトバンク,イー・アクセスはそれぞれ子会社のBBモバイル,イー・モバイルを通じて参入を申請した。両社が割り当てられるのは,1.7GHz帯周波数の免許。NTTドコモやボーダフォンと同じW-CDMA(wideband-code division multiple access)方式で,データ通信・音声サービスの両方を提供する。

 提供開始日は,BBモバイルが2007年4月1日,イー・モバイルが2007年3月15日。サービス開始5年後の加入者数見込みとして,BBモバイルは669万,イー・モバイルは505万を掲げている。

 一方のアイピーモバイルは2GHz帯の周波数割り当てを受ける。通信方式はTD-CDMA(time division-code division multiple access)方式で,データ通信を中心に提供する。サービス開始予定日は2006年10月1日。5年後に1160万加入を見込む。

 3事業者は11月10日,総務省から認定書の交付を受ける予定である。