PR

 EMCジャパンは11月9日、ILM(情報ライフサイクル管理)の導入を支援する新サービス3種類を開始した。ILMとは、データの重要度や利用頻度に合わせて、柔軟に格納先を変えるというもの。企業が保有するデータが急増していることからニーズは高まっているものの、既存データの状況把握などが必要なため、導入は難しかった。

 提供するサービスは、(1)既存のファイル・サーバーに保存しているデータを棚卸しし、現状分析をする「ILMファイル・サーバ・アセスメント・サービス」、(2)データの種類ごとに、どのように管理するかを決め、ポリシーにまとめる「ILMポリシー設計サービス」、(3)ILMを実現するストレージ装置やソフトウエアに対して、ポリシーを実現するようにパラメータを設定し、さらに、想定したポリシーが実態と合っているかを監視する「ILMポリシー実装サービス」---の3種類である。

 サービス開始の背景には、ILM導入の先行ユーザーの声がある。特に(1)のサービスで、「本番データの現状を把握でき、ILMを導入した費用対効果の計算が可能になる点が大きい」(広報)という。

 価格は各サービスとも、100万円(税込み)から。