PR

 サン・マイクロシステムズは2005年11月9日,Javaの統合開発環境(IDE)の最新版「Sun Java Studio Enterprise 8」と,JavaによるWebアプリケーションの簡易開発ツール「Sun Java Studio Creator」を無償提供することを明らかにした。同社が提供する開発者情報サイト「Sun Developer Network」にユーザー登録すれば無償で利用できる。

 Sun Java Studio Enterpriseは,オープンソースのIDE「NetBeans」をベースに開発されたIDE。最新版であるバージョン8が同日発表された。開発者同士のコラボレーション機能を強化したのが特徴で,同一のソースコードを複数のマシンで閲覧/編集する機能を盛り込んだ。一方のSun Java Studio Creatorは,処理が複雑でないWebアプリケーションを簡単に開発するためのツールで,これまで有償で提供していた。JavaServer Faces(JSF)というWebアプリケーション用フレームワークに基づいて,ボタンやテキスト・ボックスなどの画面要素やデータベース接続用のコンポーネントをドラッグ・アンド・ドロップで画面に貼り付けられる。

 無償化に踏み切った理由は,Java開発者の増加を促すためだという。「Javaを一人でも多くの開発者に使ってほしい。ツールを購入する金銭的コストがその障壁になるなら,取り除きたいと考えた」(Sun Java Studio Creatorのアーキテクトを務める米Sun Microsystems社のCraig McClanahan氏)。