PR

 サイボウズは、不正アクセスによる同社Webサイト(http://cybozu.co.jp/)の全面停止(本誌既報)に関して、複数の不正プログラムをまとめたツール集の「rootkit」が使われたことを明らかにした。不正なSQLコマンドによりデータベースを操作する「SQLインジェクション」による攻撃ではないという。「現在、セキュリティの専門会社であるラックに委託して、詳細を調査している」(同社マーケティングコミュニケーション部)。

 同社は不正アクセスが続いたとして、Webサイトを11月10日18時過ぎに停止。11月11日7時50分から新しいサーバーを使ってWebサイトの立ち上げを進め、9時前にWebサイトの公開を再開した。しかし、その後「立ち上げ作業の関係で」(同)不安定な状況が続いていたため、公開をいったん停止した。11月11日11時30分現在、一部サイトにアクセスできないものの復旧している。