PR
インクデスクトップの画面
インクデスクトップの画面
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトは11月11日,「Windows XP Tablet PC Edition」の機能を拡張するツール群「Microsoft 拡張パック for Windows XP Tablet PC Edition」の無償公開を開始した(該当サイト)。4つの追加ソフトと1つのデスクトップ・テーマで構成される。拡張パックを利用するためには,.NET Framework 1.1が必要である。

 追加ソフトは,デスクトップ画面にメモを直接書き込める「インクデスクトップ」,タブレット・ペンで画面の任意の範囲を切り出せる「Snipping Tool」,WebページやPDF,画像ファイルなど印刷可能なすべての文書をOneNoteで扱うためのツール「Send to OneNote 2003」,ゲーム・ソフト「Hexic Deluxe」である。

 インクデスクトップは,いわゆる付せんツールである。付せんの種類として,方眼紙や作業一覧表,月間予定表などを用意した。Snipping ToolはOneNoteの画面キャプチャ機能である「ミニノート」に似ている。Webページの画面を切り出した場合は,そのページのURLも同時にキャプチャされる。Send to OneNoteは,OneNoteを全ての文書の管理ツールにするものであり,管理対象の文書に対してペンでメモを書き込める点がファイルだけを管理するツールとの違いである。

 追加で提供されるデスクトップ・テーマの名称は「エナジーブルー」で,このテーマを適用すると,[スタート]メニューやツールバーなどが鮮やかな青色に変更される。