PR

 富士通研究所は2005年11月14日,映像圧縮規格「H.264」に準拠した画像を,従来より少ない電力消費で作成できるコア回路を発表した。コア回路の動作に必要な電力は,90nmプロセス使用時で100ミリワット以下という。対応する最大画面サイズは,現行の標準テレビ(SDTV)相当の720画素x576ライン。今後,量産化に向けた改良を施し,2006年末の製品化を目指す。同時に高精細テレビ(HDTV)対応のコア回路の開発も進める。

 H.264は,MPEG系の画像圧縮技術の最新規格である。ITU-T(国際電気通信連合・電気通信標準化セクタ)とISO(国際標準化機構)が共同で策定し,「MPEG-4 AVC(Advanced Video Coding)」とも呼ばれる。 画質を維持したまま映像データを小さく圧縮できるのが特徴で,同等の画質では一般に,MPEG-2の半分以下,MPEG-4の3分の2以下にサイズを抑えられる。その半面,MPEG-2の10倍と言われるほど圧縮処理に手間がかかり,その分,処理回路の消費電力も大きかった。

 同社では,フレーム間の動きの変化を抽出する処理を改良することで低消費電力を実現した。具体的には,これまでフレーム全体を探索して変化を抽出していたのを,フレームの縮小画面を使って段階的に変化のある場所を絞り込むようにし,演算量を減らした。これにより,電池で駆動する携帯AV機器でもH.264形式で映像をリアルタイム圧縮できるようになる。

 また,この低消費電力化技術とは別に,画質劣化をあまり意識させずにデータ・サイズを小さくする圧縮制御アルゴリズムも開発した。同アルゴリズムを利用することで,顔やゆっくり動く物体など人間が視覚的に重視する絵柄を常時追跡し,その部分と他の部分とで圧縮率に差を付けられるという。