PR

 NTTデータとマイクロソフトは11月15日,NTTデータのCTI/CRM製品「VOISTAGE」とMicrosoft Officeを連携させたVoIPソリューションを発表した。2006年4月から販売を開始する。

 両社が開発したソリューションは,Microsoft Office Live Communications Server 2005 (LCS 2005)とVOISTAGEのCRMアプリケーション,VoIPゲートウエイ機能を連携させたもの。OfficeアプリケーションとIP電話を連動させることで,電話の発着信にかかわる業務の効率化できるという。

 具体的には,Microsoft Office Excelで保存した携帯電話の番号や,Internet ExplorerなどのWebブラウザに表示されている電話番号をクリックするだけで電話発信できる機能などを備えている。また,VOISTAGEの音声認識機能とLCSのプレゼンス管理機能を連携させることも可能。発信者が発声した人名や製品名などのキーワードを自動認識し,在籍中の担当者に転送する仕組みなどを実現できるという。

 ネットワーク構成は,企業内ネットワークのSIPプロキシとしてLCS 2005を利用し,外部ネットワークにはNTT東西地域会社の光IP電話サービス「ひかり電話ビジネスタイプ」やNTTコミュニケーションズのIP電話サービス「.Phone IP Centrex」を使用する。これらのサービスと企業内ネットワークをVOISTAGEが接続する形になっている。

 価格は,VOISTAGEのマルチメディアカードが190万円,LCSのStandard Edition(5クライアント・ライセンスを含む)が21万9000円(いずれも税別)。別途,IP電話料金が必要。両社では,今年度の売り上げとして10億円を見込んでいる。