PR

 ケンウッドは2005年11月下旬に,携帯デジタル音楽プレーヤーの新製品である「M1GB5」シリーズ4機種と「M512B5」シリーズ7機種を発売する。本体をオーディオ機器と接続すれば,パソコンを使用せずに楽曲を録音できる点が特徴である。MP3形式もしくはWMA(Windows Media Audio)形式で圧縮された楽曲データの再生に対応する。またFMラジオ放送チューナーを内蔵し,同放送の番組を録音することが可能である。M1GB5の記憶容量は1Gバイト,M512B5は512Mバイトであり,それぞれ約480曲と約240曲の楽曲データを収録できる(楽曲データの圧縮方式がWMAで再生速度が64kb/s,1曲が約4分の場合)。価格はオープンで,市場推定価格はM1GB5が2万4000円前後,M512B5が1万9000円前後である(11月17日発表)。