PR

 米MicrosoftのSteve Ballmer CEO(最高経営責任者)は先週,改めて同社が「HD DVD」に異常な愛情を注いでいることを認めた。HD DVDは今,競争している次世代光ディスク規格で劣勢なほうである。なぜ「Blu-Ray」の方がより大きな記録容量を持っているのに,MicrosoftはHD DVDを支持するだろうか?

 「いくつもの理由でわれわれはHD DVDをサポートすることを選んだ。その中には,PCへ融合させる場合に可能な方法と効果といった点も含んでいる。われわれは,HD DVDの方がいくつかの点で有利であると考えている。それが,この規格を成功させるために東芝やそのほかのDVDフォーラムのメンバーたちと一緒に,活発な活動をしてきた理由だ」とBallmer氏は主張する。

 ソニーがBlu-Rayの主要な開発メーカーの1社であり,次世代ゲーム機「PlayStation 3」でこの規格をサポートする予定であることとは,何にも関係ないのだろうと思っている。そんなことはささいなことだ。