PR

 ワコールは11月19日,同社ECサイト「ワコールオンラインショップ」の顧客4757人分の個人情報が流出したことを明らかにした。1899人については,クレジット・カード情報も流出しているという。原因は,NECネクサソリューションズへ管理を委託しているオンラインショップ・システムへの不正アクセス。

 同社では11月7日,ワコールオンラインショップの顧客から,クレジット・カードが不正利用されているとの連絡を受けて調査を開始(11月18日時点の問い合わせ件数は10件)。11月17日には,カードの不正利用の原因はオンラインショップからの情報流出であると判断し,流出経路の特定作業を開始するとともに,同日21時には,ワコールオンラインショップを停止した。

 11月18日,ワコールオンラインショップのサーバーに不正アクセスの痕跡を発見したため,原因は同サーバーへの不正アクセスと断定。流出したデータの範囲も特定できたという。流出したデータは,2005年7月14日~11月9日に同ショップで商品を購入した2万4322人中4757人の注文番号やお客様番号,住所,電話番号など。氏名や購買履歴は流出していないという。4757人中1899人分については,クレジット・カード番号とその有効期限も流出した。

 同社では11月18日夕,警察に対応を相談。19日には情報が流出した顧客へメールで通知。20日には,電話で今回の件について説明し,21日には郵便で詫び状を送付するという。顧客からの問い合わせについては,同社の「通信販売事業部カスタマーセンター」で対応する(電話番号 0120-114-056,0120-113-056,受付時間 9時~21時)。

◎参考資料
ワコールオンラインショップ 顧客データの流出について(ワコール)
最新情報(ワコール)
ワコールオンラインショップ 顧客データの流出について(NECネクサソリューションズ)