PR

 ウィルコムは11月22日,最大48人で利用できる電話会議サービス「AIR-CONFERENCE」を12月1日から開始すると発表した。ウィルコムが運用する電話会議サーバーに参加者が電話をする形で,多人数での電話会議を実現する。

 参加者は,所定の電話番号をダイヤルし,あらかじめ指定されたパスコードを入力することで会議に参加できる。ウィルコムのPHS以外に,国内外の携帯電話や固定電話からも参加できる。

 電話会議サービスの利用料は,参加1回線ごとに1分当たり21円かかる。通話料は,ウィルコム定額プランの場合は無料,それ以外のウィルコムPHSのプランは30秒当たり10.5円。固定電話や携帯電話で参加する場合は,東京23区までの通話料となる。申し込み時の初期費用や基本料金は無料である。

 参加者の通話料を,電話会議サービスの契約者が負担するサービスも用意する。