PR

 サン・マイクロシステムズ、日本オラクル、およびLinux技術者資格を認定している特定非営利活動法人のエルピーアイジャパン(LPI-Japan)は、資格取得支援プログラム「トリプル・クラウン」を11月25日に開始した。各社が認定しているエントリ・レベルの資格について、普及のための施策を共同で打つ。各社が優待チケットを配布して受験料を割り引くほか、合同セミナーなどを実施する。

 対象としている資格は、LPI-JapanのLinux運用管理者向け資格「LPIC Level1」、サンのJava技術者向け資格「Sun Certified Java Associate」、日本オラクルのデータベース管理者向け資格「ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 10g」の三つ。これらを新規に取得する人や、すでにLPICやサン、オラクルの資格のいずれかを取得している人をターゲットにする。

 トリプル・クラウンの実施期間は、2006年8月31日まで。日本オラクルの杉山真理子ビジネス推進部ディレクターは、「トリプル・クラウンを利用することで、Linux、Java、Oracleというデファクト標準の技術をバランスよく身につけることができる」と説明する。