PR

 電通と日本テレビ放送網,東京放送,フジテレビジョン,テレビ朝日,テレビ東京の在京民放5社は11月28日,コンテンツのネット配信事業会社の設立に関する共同検討を開始したと発表した。設立時期など具体的な事業内容を今後検討する。

 事業会社では,各局が展開するVOD(ビデオ・オン・デマンド)事業をベースに,有料・無料を含めたあらゆるサービス・モデルを模索するとしている。パソコン上にテレビのような簡易なインタフェースを開発するといった基盤整備を含め,コンテンツ流通の活性化を目指す。

 ブロードバンド化の進展や映像圧縮技術の向上,テレビ・チューナーのパソコンへの内蔵など,ハードウエア面での通信と放送の融合が進んだことで,インターネットを介した動画配信の環境が整いつつある。民放局もパソコン上でのコンテンツ視聴に対するユーザー・ニーズに応えるとしている。