PR
Safe@Office 500の外観<br>無線LAN対応のSafe@Office 500Wには無線アンテナが2本立っている
Safe@Office 500の外観<br>無線LAN対応のSafe@Office 500Wには無線アンテナが2本立っている
[画像のクリックで拡大表示]

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは2005年11月29日,SOHO向けの低価格なボックス型ファイアウォール「Safe@Office 500/500W」を12月に出荷を始めると発表した。その目玉は価格で,5ユーザー版の予価は4万8000円と,従来品の約半額だ。

 低価格化できた背景には,従来品から余分な機能をそぎ落としたことがある。複数のWAN回線を切り替えられる自動フェイルオーバーや,認証していないユーザーのWebアクセスに対して強制的に特定ページを返信するセキュア・ホットスポットのほか,VLANやダイナミック・ルーティング(OSPF)などが削られた。

 ただし,ファイアウォールとしての基本機能は備えている。ステートフル・インスペクションによるフィルタリング,IPsecによるVPN,ウイルス・ゲートウエイ,コンテンツ・フィルタリング,DMZポートなどは基本機能として残っている。さらに,7万9800円(5ユーザー版の場合の予価)のPowerPackを購入して機器をバージョンアップすれば,フル機能が利用できる。

 なお,同社は複数のSafe@Office 500/500Wをまとめてリモート管理するためのソフトウエア「Security Management Portal(SMP) 6.0」も同時に発表した。こちらはISPやインテグレータなどが顧客企業に導入したSafe@Office 500をリモートから保守・運用するためのもの。価格は1ユーザー当たり1600~4万8000円(予価,ライセンス数により異なる)。