PR
NTTドコモのM1000とウィルコムのW-ZERO3を手にするシトリックス・システムズ・ジャパンの大古俊輔社長
NTTドコモのM1000とウィルコムのW-ZERO3を手にするシトリックス・システムズ・ジャパンの大古俊輔社長
[画像のクリックで拡大表示]

 シトリックス・システムズ・ジャパンは2005年11月29日,同社のイベント「iforum 2005 Japan」で,NTTドコモのFOMA/無線LAN対応PDA型端末「M1000」用のクライアント・ソフト「Citrix Presentation Server FOMA M1000クライアント」の提供を発表した。2006年初めに出荷予定。

 このクライアント・ソフトを使えば,同社のターミナル・サーバー・ソフト「Citrix Presentation Server」で管理するWindowsアプリケーションを,M1000の画面から操作できるようになる。M1000に転送されるのは基本的に画面情報だけであり,M1000側にはデータが残らない。そのため,データ漏えい防止などのセキュリティ対策にも有効である。同社のWebサイトで無償提供する予定である。

 さらに,同社の大古俊輔社長(写真)は基調講演で,NTTドコモのM1000だけではなく,ウィルコムのPHS/無線LAN対応PDA型端末「W-ZERO3」で使えるクライアント・ソフトも近日中に提供することを公表した。

 W-ZERO3はOSとしてWindows mobile 5.0を搭載している。既に同OSを搭載する他の端末向けのCitrix Presentation Server用クライアント・ソフトは存在する。現在,「シトリックス側でW-ZERO3と組み合わせた際の検証作業をしている最中。同社の認証を得てから正式対応となる」(ウィルコムの展示ブース係員)という。

 なお,シトリックスでは同日,ターミナル・サーバー・ソフトやセキュリティ関連ソフトで構成するサーバー・ソフト製品群の新版「Citrix Access Suite 4.2」を発表。特徴は,ターミナル・サーバー・ソフトが,64ビットOSであるWindows Server 2003 x64 Editionに対応したこと。従来の32ビット版のパッケージに追加となる。同社によると32ビット版に比べて1台のサーバーで,サポートできるユーザー数が65%以上増加するとしている。