PR

 NTT東日本は11月29日,同社のIP電話である「ひかり電話」とNTTドコモのFOMAとの間でテレビ電話を実現するサービスを発表した。11月30日から開始する。

 ひかり電話は,Bフレッツを利用するNTT東日本のIP電話サービスで,「03」などで始まる固定電話の0AB~J番号をそのまま使える。「0AB~J番号を使うIP電話とFOMAとの間でテレビ電話の接続を実現するのは国内で初めて」(NTT東日本の友野勝彦ブロードバンドサービス部ホームソリューション開発部門アプリケーション開発担当部長)だという。

 サービスの利用には別途,「テレビ電話接続」の申し込みが必要。対応端末は,NTT東日本のテレビ電話専用端末である「フレッツフォンVP1000」のみとなる。テレビ電話の月額料金は無料だが,通話料は,ひかり電話からFOMAにかける場合で31.5円/60秒,ひかり電話同士の場合で15.75円/3分となっている。

 ただし,(1)テレビ電話接続を申し込む場合は,キャッチホンとの同時契約ができない,(2)050番号のIP電話ユーザーと通話する場合はテレビ電話機能は使えず音声通信だけとなる,(3)NTT西日本エリアにいるユーザーとのフレッツフォンVP1000同士によるテレビ電話接続はできない,(3)現在のフレッツフォンVP1000は最新ファームウェアへの更新が必要——などの制約がある。