PR

 USENは11月30日,無料のインターネット放送「GyaO」のセグメント別広告営業を12月から本格的に開始し,2006年1月から随時配信すると発表した。

 これまでGyaOでは,テレビと同じくすべての視聴者向けに同じ広告を配信していた。一方のセグメント別広告は,視聴者の属性に合わせた広告のこと。GyaOを初めて視聴する時に登録された視聴者の性別や生年月,郵便番号といった属性をもとに,広告クライアントが提供する商品のターゲットとなる視聴者に動画CMを配信する。

 USENではセグメント別広告を主力広告商品に加えることで,早期に月間200社のクライアント獲得を目指すという。