PR
「Java Software Download」サイトでバージョン確認(Verify)をした結果例
「Java Software Download」サイトでバージョン確認(Verify)をした結果例
[画像のクリックで拡大表示]

 米SANS Instituteは現地時間12月1日付けの「Handler's Diary」において,米Sun MicrosystemsのJava実行環境(JRE)などに見つかったセキュリティ・ホールをチェックするためのサイトなどを紹介した

 対象となるセキュリティ・ホールは,現地時間11月29日に報告されたもの(関連記事)。Java実行環境「Java Runtime Environment(JRE)」やJava開発キット「Java Development Kit(JDK)」,Javaソフトウエア開発キット「Java Software Development Kit(SDK)」が影響を受ける。

 セキュリティ・ホールを突けば,Javaのセキュリティ機構(サンドボックス)を破ることができる。具体的には,悪意のあるWebサイトにアクセスするだけで,パソコン中のファイルを読み書きされたり,アプリケーションを実行させられたりする。危険なセキュリティ・ホールである。

 セキュリティ・ホールを解消するためのアップデートやセキュリティ情報については,Sunが既に公表している(詳細は関連記事を参照のこと)。今回SANSが紹介したのは,自分のパソコンにインストールされているJavaバージョンを調べるツールやインストラクションなどが掲載されているサイト。

 紹介したサイトは2種類。Sunのダウンロード・サイト「Java Software Download」サイトと「Java Tester」のバージョン・チェック用サイトである。

 Sun Java downloadサイトでは,Windows+Internet Explorer環境であれば,ActiveXコントロールを使って,現在インストールされているJREのバージョンを確認できる。また,各OS用JREの最新バージョンやインストール方法(インストラクション)へのリンクを用意している。JavaTesterのページには,コマンド・ラインやアプリケーションのメニューからの確認方法が詳しく記載されている。いずれも英語のサイトだが有用である。

 なお,Mac OS XのJavaについては,2005月に公開されたアップデート「Java 1.3.1&1.4.2 Release 2」を適用していれば,バージョン1.3.1_16あるいは1.4.2_09にアップグレードされているので,今回のセキュリティ・ホールの影響を受けない(関連記事)。J2SE 5.0については,11月15日に公開された「Java 2 SE 5.0 Release 3」を適用すれば解消できる(“Release 3”とされているが,適用するとバージョンはUpdate 5相当の1.5.0_05になる)。

◎参考資料
Determining Sun Java Vulnerability(米SANS Institute)
Java Software Download(米Sun Microsystems)
What Version of Java Are You Using?(Java Tester)
About the security content of J2SE 5.0 Release 3(米Apple Computer)
Java 1.3.1 and 1.4.2 Release 2(米Apple Computer)
Java 2 SE 5.0 Release 3(米Apple Computer)
About the security content of J2SE 5.0 Release 3(米Apple Computer)