PR
今回公開されたアンインストール・ツールの実行画面例
今回公開されたアンインストール・ツールの実行画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 米Sony BMG Music Entertainment(以下,ソニーBMG)は現地時間12月4日,同社の一部の音楽CDに含まれている「XCP」違法コピー防止ソフトをアンインストールするツールの新版を公表した。同ツールを使えば,XCPが備える“ルートキット”の機能(特定のファイルの存在を隠す機能)だけを無効にすることもできる。また,セキュリティ上問題がある古いアンインストール・ツールも削除できる。

 11月初め,ソニーBMGが音楽CDの一部に採用していたXCPには,自身の存在を隠すために「ルートキット」の手法が用いられているとして,ユーザーや専門家などから非難されていた(関連記事)。この機能を悪用すれば,ウイルスなどの悪質なプログラムが,自分の姿を対策ソフトなどから隠せるためである。実際,そのようなウイルスが出現している。

 そこで同社は,XCPを構成するコンポーネントのうち,ルートキットの機能を持つコンポーネントを削除するサービス・パックと,XCP全体をアンインストールするツールを公表した。ところが,アンインストール・ツールにもセキュリティ上の問題があることが発覚し,11月15日にツールの公開を一時中止した(関連記事)。11月16日には,アンインストール・ツールの機能を悪用するWebサイトが確認されている(関連記事)。

 今回公開された新しいアンインストール・ツールは,サービス・パックの機能も備える。つまり,XCPをアンイストールするか,ルートキットの機能だけを削除するのかユーザーが選択できる。また,古いアンインストール・ツールをパソコンから削除する機能も備える。同社では,古いアンインストール・ツールを利用したことのあるユーザーに対して,「潜在的なセキュリティ・ホール(a potential security vulnerability)」を除去するために,今回のツールを実行することを勧めている。

 加えて同社では,今回の新ツール公開に併せて,XCPに関するページ(http://cp.sonybmg.com/xcp/)へのリンク「INFORMATION ON XCP CONTENT PROTECTION」を,同社のトップページ(http://www.sonybmg.com/)に掲載した。

◎参考資料
INFORMATION ABOUT XCP PROTECTED CDs