PR
屋外用のWireless Access Point 7220(右)と屋内用のWireless Access Point 7215
屋外用のWireless Access Point 7220(右)と屋内用のWireless Access Point 7215
[画像のクリックで拡大表示]

 ノーテルネットワークスは12月7日,メッシュ型無線LAN「ワイヤレスメッシュネットワーク」の関連製品群を発表し,同日より国内での販売を開始した。メッシュ型無線LANとは,アクセス・ポイント(AP)同士が無線を使ってデータを伝送する技術。有線ネットワークにつながるAPは1カ所でよく,電源の確保さえできれば自由な場所にAPを増設できる。

 今回ノーテルが発表した製品は,屋外用のAP「Wireless Access Point 7220」(写真右)と屋内用AP「同7215」(写真左),APを集中制御する専用ゲートウエイ「Wireless Gateway 7250」,管理ツールソフトの「Enterprise Network Management System」の4製品。APは電源を入れるだけで隣接APを自動的に検出し,メッシュ型ネットワークを構成する。障害時には迂回ルートを自動的に検出する機能も搭載。AP間の通信にはIPsecトンネルを利用しセキュリティを確保する。

 価格は,屋外用のWireless Access Point 7220を3台,Wireless Gateway 7250を1台のセットで294万7000円から(税別)。オプションのネットワーク管理ツール「Enterprise Network Management System」は85万円から。

 ノーテルのメッシュ型無線LAN製品は,既に海外では導入が始まっている。特に台湾の台北市では,1万台以上のAPを設置する大規模な事例もある。日本での発売が遅れた理由としてノーテルは,「AP間の通信に利用する5GHzの周波数帯の屋外利用が国内では未開放だったため」(キャリアパケットネットワークス ディレクターの宮下泰彦氏))としている。