PR

 電気通信事業者協会(TCA)は12月7日,11月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表した。11月の純増数は,首位がau,2位がNTTドコモ。auが5カ月連続でNTTドコモを抑え首位を堅持した。

 事業者別の月当たり純増数では,auが前月に比べて28万3200と大幅増。旧ツーカー・グループからの移行キャンペーンが功を奏していると見られる。実際,旧ツーカー・グループの純減数は14万6900と過去最高となった。ただしau単体でも好調。auの純増分からツーカー・グループの減少数を引いた値は13万6300。11月分のNTTドコモの純増数12万400を上回る。10月末時点でのauの契約数は2122万2200,ツーカーの契約数は328万9000,合計では2451万1200契約となった。

 前月比12万400増となったNTTドコモの契約数は,5011万4700と5000万契約の大台を突破した。特にFOMAの伸びが著しい。11月のFOMAの純増数は100万3900となった。一方で第2世代のPDCは88万3500の純減。902iシリーズの一部モデルが発売になったことから,乗り換えが進んでいるようだ。

 3位のボーダフォンは純増数5万7000と前月までの微増傾向から持ち直した。累計で1505万3000契約となった。特にIP接続サービス「ボーダフォンライブ」が4カ月ぶりに純増に転じたことは,本格的な復調を伺わせる。「LOVE定額」など新料金プランがユーザーから評価されたためと見られる。

 携帯電話全体では8967万8900で前月から31万3700増。早ければ12月には9000万契約を突破しそうだ。

 PHS事業者のウィルコム・グループ(ウィルコムとウィルコム沖縄)は,純増数6万3600と増加ペースを維持。累計では356万2900契約となった。同社の過去最高の契約数である1998年7月の361万7000契約まで,12月5日時点で残り4万1845。新型端末の出荷が本格化する12月中の突破はほぼ確実となった。