PR

 オープンソース・ジャパン(OSJ)は12月9日,自治体向けにレガシー・システムからオープンソース,オープンシステムへの移行を提案するサービスを開始した。既存システムの調査を行い,移行方法の提案やプロトタイプの作成を行う。

 サービスの名称は「レガシー刷新可能性調査サービス」。既存システムの稼働環境,規模,画面などをリストアップし,必要な情報と不必要な情報を選別。COBOL,PHP,Flashといった具体的な採用技術や新システム構成を提案,プロトタイプを作成しコスト削減効果を算出するという。

 調査の内容は民間企業を対象にしたものと違いはないが,同社では「自治体でのシステム構築および移行コンサルティングの実績がある」としている。

 価格は人口10万人までの自治体で1システムあたり600万円。