PR

 フェンリルは12月13日,不具合の修正を行ったタブブラウザの新版「Sleipnir 2.21」を公開した。不具合の内容は「2バイト文字のリンクを開こうとすると固まる」というもの。

 Sleipnirは,Internet ExplorerのHTMLレンダリング・エンジンとオープンソースのMozilla Geckoエンジンを利用したタブブラウザ。2つのエンジンを切り替えて使用できる。

 2.21では不具合の修正のほか,Sleipnirオプションにタブ拡張を追加し「タブが1個の時はタブバーを隠す」かどうかなどをカスタマイズできるようにした。また「既読をすべて閉じる」機能を追加するなど,タブの既読/未読管理機能を強化した。

 Sleipnir 2.21はSleipnirの公式サイトから無償でダウンロードして利用できる。