PR

 The Apache Software Foundationは12月13日(現地時間),EJB対応のオープンソースJ2EEサーバー「Apache Geronimo 1.0」を正式リリースした。ApacheはTomcatなど多数のオープンソースJavaサーバー・ソフトウエアを開発,配布しているが,EJBコンテナ機能を持つ初めてのソフトウエアになる。

 Apache Geronimo 1.0はJ2EE 1.4認証を満たしている。Java Business Integration (JBI)をサポートし,Javaポートレット・ベースのWeb管理ツールを備える。Eclipse Webツール・プロジェクトとの統合インタフェース,データベースのApache DerbyおよびApache Directory Serverとも連携する。

 また,以下のプロジェクトが,Geronimoのサブ・プロジェクトとして発足している。モジュール化され拡張が容易なEJBコンテナ「OpenEJB」,JBIベースのSOA(サービス志向アーキテクチャ)ツールキットおよびサービス・バス「ServiceMix」,負荷分散とフェイルオーバー機能を持つクラスタリング・ソフトウエア「WADI」,プラグイン・ベースのサーバー・フレームワーク「XBean」である。

 Apache Geronimoはプロジェクトの公式サイトなどからダウンロードできる。