PR

 12月15日,マイクロソフトの開発ツール「Visual Studio 2005日本語版」が完成した。MSDN会員は,専用のWebサイトからダウンロードできる。

 ダウンロードできるのは,Visual Studio 2005 Express Edition,同Standard Edition,同Professional Edition,同Tools for the Microsoft Office System,Visual Studio 2005 Team Editionなど。MSDNのサブスクリプション・レベルに応じて,ダウンロード可能なエディションは異なる。

 Visual Studio 2005 Express Editionは,1年間限定で一般ユーザーが無償ダウンロード可能になる予定だが,12月15日現在提供されているのはMSDN会員向けのみである。なお,Visual Studio 2005 Express Editionには,Windowsアプリケーション開発に向けた(1)Visual Basic 2005 Express Edition,(2)Visual C# 2005 Express Edition,(3)Visual C++ 2005 Express Editionの3製品,およびWebアプリケーション開発に向けた(4)Visual Web Developer 2005 Express Editionの1製品——の合計4製品が用意されている。英語版にはVisual J# 2005 Express Editionも用意されているが,日本語版はない。ただし,Visual J# 2005 Express Edition英語版でも,日本語アプリケーションの開発は可能である。

 また,データベース管理システムの新版「SQL Server 2005日本語版」も同日完成し,同じくMSDN会員はWebサイトからダウンロードできる。