PR
写真1 会見に出席した奥菜恵さん(右)とケラリーノ・サンドロヴィッチ氏(左)
写真1 会見に出席した奥菜恵さん(右)とケラリーノ・サンドロヴィッチ氏(左)
[画像のクリックで拡大表示]

 USENとBSフジは12月19日,女優の奥菜恵さん主演のオリジナル・ドラマを共同出資で制作すると発表した(写真1)。USENは無料インターネット放送「GyaO」で,BSフジはBSデジタル放送で共同制作したドラマを放映する。両社のノウハウを結集して制作した番組の供給で,視聴者拡大につなげるのが狙い。

 初の共同制作番組は,奥菜恵さんが主人公のコメディー・サスペンス・ドラマ「おいしい殺し方 ~A Delicious Way to Kill~」。脚本・演出は,劇団「ナイロン100℃」を主宰するケラリーノ・サンドロヴィッチ氏が担当する。

 おいしい殺し方は,GyaOが2006年3月から30分枠で4週にわたり配信。一方のBSフジは,2006年2月12日の21時~22時55分に放送する。ドラマはメイキング風景や出演者へのインタビューを併せて,GyaOとBSフジそれぞれ異なったバージョンで放送するという。

(宗像 誠之=日経コミュニケーション