PR
写真1 NTTコミュニケーションズの和才博美社長
写真1 NTTコミュニケーションズの和才博美社長
[画像のクリックで拡大表示]
写真2 和才社長の講演資料の一部
写真2 和才社長の講演資料の一部
[画像のクリックで拡大表示]

 12月21日の「NTTグループ コミュニケーションEXPO」で,NTT東日本の高部豊彦社長の講演に続き,午後の部ではNTTコミュニケーションズの和才博美社長が登壇。和才社長は「上位レイヤー・サービスの今後の動向を中心に話す」と冒頭で宣言し,NTTコミュニケーションズが今後グループ内で一元的に担うことになる上位レイヤー・サービスの積極展開への意気込みを述べた。

 講演中,最も聴衆の注目を集めたのはNTTコミュニケーションズのインターネット接続(プロバイダ)サービス「OCN」のコンテンツ・サービス紹介時。OCN上で展開しているブログ開設サービスやコミュニティ・サイトの説明に続き,映像配信に話が移ると,OCNの映像配信サービスではなくNTT東日本の子会社プロバイダ「ぷららネットワークス」の映像配信サービス「4th MEDIA」を紹介した。その後のスライドでも,検索エンジン「goo」とOCN,ぷららのロゴを並べるなど,OCNとぷららの統合がほぼ決まっているかのような話ぶりだった。

 gooを展開するNTTレゾナントとOCNを手がけるNTTコミュニケーションズとは,2006年夏に合併することが決まっている。だが,OCNとぷららというグループ内の大型プロバイダの統合については,ぷららがNTTグループの完全子会社ではないことから,統合の有無や時期についてはまだ明らかになっていない。

(宗像 誠之=日経コミュニケーション