PR

 2005年も日経コミュニケーションのニュースをお読みいただき,誠にありがとうございました。年末年始の恒例となりました“2005年のニュース・トップ20ランキング”をお届けします。この機会に,まだお読みになっていない記事をチェックしていただければ幸いです。

 2005年のアクセス数でトップになったのは,携帯電話事業参入を目指すソフトバンクの記事。記事が掲載された当時,ソフトバンクは800MHz帯の周波数割り当てを総務省に却下された直後でした。その後,紆余曲折(うよきょくせつ)を経て10月に1.7GHzの周波数帯の割り当てを受けましたが,当時は今後のソフトバンクの行く末に大きな注目が集まっていました。その関心の高さがアクセス数トップという結果に結びついたと推測できます。ソフトバンク関連の記事にはそれ以外も高いアクセスが集まりました。

 2位に入ったのは,不正アクセスを受けていったん閉鎖した「価格.com」を運営するカカクコム社長の単独インタビューでした。このニュースは不正アクセスを受けた企業が,あえて不正アクセスの手口を公開しないという点に注目が集まりました。カカクコムの幹部が取材に応じることがなかった中,同社社長から生の声を聞けたことが高いアクセスにつながりました。これ以外にも,セキュリティ関連の記事がいくつも上位にランキングされています。

 このほか,具体化する通信と放送の融合の動き(7位10位)や,ウィルコムがユーザーを伸ばす一方でNTTドコモがサービス休止を決めたPHSを巡る記事(8位19位),NTT電話を置き換える直収電話サービスに関する記事(9位17位)にも高い関心が集まりました。

 なお,日経コミュニケーションからのニュースは,2006年1月5日(木)から再開する予定です。2006年も日経コミュニケーションをご愛顧くださいますようお願いいたします。

2005年のニュース・トップ20ランキング
[1位] 【ソフトバンクはどこへ行く】孫社長が800MHzにこだわる理由 2005/3/14
[2位] 【単独インタビュー】「当社が不正アクセスの手口を公開しない理由」,カカクコムの穐田CEO 2005/6/2
[3位] 【ソフトバンクはどこへ行く】新たな主役「おとくライン」を巡る騒動 2005/3/16
[4位] 【ソフトバンクはどこへ行く】それでも消えないボーダフォン買収の噂 2005/3/15
[5位] 【今本当に必要なセキュリティ対策】「持ち出せなければ紛失もない」ノートPC/携帯電話の新潮流 2005/6/17
[6位] 【ソフトバンクはどこへ行く】意外に知られていない「1兆円企業」の人と組織 2005/3/18
[7位] AMラジオを内蔵した世界初の携帯電話,NTTドコモが発表 2005/8/29
[8位] 【特報】ウィルコムが来年度にカバーエリアを大幅拡大へ 2005/10/19
[9位] 【NTT電話は捨てられるか】NTT電話とはここが違う,使い方によっては大幅安 2005/5/16
[10位] 「ダウンタウン松本のオリジナルコントを第2日本テレビで流す」,日テレの土屋事業部長 2005/10/26
[11位] 【通信業界再編,激動の秋】ソフトバンク孫社長が強気な発言を封印した理由 2005/9/26
[12位] 震度5強の地震により携帯で長時間の発信規制,メールも対象に 2005/7/25
[13位] 【今本当に必要なセキュリティ対策】カカクコムが浮き彫りにした商用Webサイトの油断 2005/6/13
[14位] NTTドコモが無線LANサービスに本気になるワケ 2005/1/13
[15位] 【今本当に必要なセキュリティ対策】IP電話に襲いかかる“スパム”や盗聴 2005/6/15
[16位] 【今本当に必要なセキュリティ対策】迷惑メール対策は総力戦,皆が協力しないともう止められない 2005/6/14
[17位] 【NTT電話は捨てられるか】巻き返すNTTグループ,マイライン戦線に異常あり 2005/5/18
[18位] 【続報 平成電電破綻】「直収電話がふるわずリースが膨らんだ」,佐藤代表が説明 2005/10/3
[19位] ドコモがPHS受付停止をユーザーに告知,FOMA乗り換えに2万円 2005/3/24
[20位] 【ソフトバンクはどこへ行く】存在感に乏しいFTTH,次の一手は 2005/3/17