PR

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は1月4日,オープンソースソフトウェア・センター(OSSセンター)の発足を正式に発表した関連記事)。これまでIPAで実施してきたオープンソース・ソフトウエア推進施策を集約する。日本OSS推進フォーラムと連携し,オープンソース・ソフトウエアの「基盤整備」,「情報集約と発信」,「普及促進」を行う。

 基盤整備としては,(1)OSSの性能評価,(2)OSSデスクトップの導入を始めとする実証実験,(3)開発支援を行う。IPAのオープンソースソフトウェア活用基盤整備事業でを継続する。

 情報集約と発信として,新たにオープンソース関連情報を整備し公開する。名称は「OSS iPedia」。主要なオープンソース・ソフトウエアの一覧,用語集,IPAなどで実施した性能評価情報,導入事例情報を作成し,2006年春に公開する。

 普及促進としては,オープンソース・ソフトウエアの法的側面などの課題を調査,提言として公開する。導入事例や,構築,運用ノウハウなども収集し公開する予定。