PR
写真1 台湾First International Computerが公開したViiV対応エンターテインメント・パソコン。
写真1 台湾First International Computerが公開したViiV対応エンターテインメント・パソコン。
[画像のクリックで拡大表示]
写真2 ViiVのロゴ。
写真2 ViiVのロゴ。
[画像のクリックで拡大表示]
写真3 台湾ASUSTeK Computerが公開したノート・パソコン。
写真3 台湾ASUSTeK Computerが公開したノート・パソコン。
[画像のクリックで拡大表示]
写真4 黒いボディに金のLamborghiniエンブレムが入った台湾ASUSTeK Computer製ノート・パソコン。
写真4 黒いボディに金のLamborghiniエンブレムが入った台湾ASUSTeK Computer製ノート・パソコン。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Intelは1月5日(米国時間)に,「2006 International CES」で実施するPaul Otellini CEOの基調講演で次世代デュアルコア・プロセッサ「Yonah」(開発コード名)やエンターテインメント・パソコン規格「ViiV」を正式発表する見込みだ。現在,開幕に向けて設営中のCES会場では,台湾のパソコン・メーカーなどが,次々とパソコンを公開し始めている。

 写真1は,台湾First International Computer(FIC)が公開したViiVのロゴ(写真2)が付いたエンターテインメント・パソコン「GE2」である。搭載するプロセッサはデュアル・コアの「Intel Core Duoプロセッサ」で,動作周波数は2GHzを超えるという。幅226mm×高さ42mm×厚さ172mmと小型だが,TVチューナーやDVD-RWドライブ,DVI-Iポート,7.1チャンネル・サラウンド機能などを搭載する。Windows XP Media Center Edition 2005を搭載し,希望小売価格は499ドル(約5万8000円)~999ドル(約11万7000円)である。FICは他にも,Intel Core Duoプロセッサ搭載ノートPCも公開している。

 台湾ASUSTeK Computerも,デュアルコア・プロセッサ搭載ノートPCを公開した(写真3)。ワイド液晶ディスプレイを搭載し,100万画素のWebカメラも内蔵する。ASUSTeKではこのほか,スポーツ・カー「Lamborghini」のロゴが入ったノートPCを発売することを明らかにしている(写真4)。スポーツ・カーのロゴ入りパソコンといえば台湾Acerの「フェラーリ・パソコン」が有名だが,「Acerには負けられない」(ASUSTeKの説明員)とライバル心をむき出しにしている。

 FICとASUSTeKはこれらのパソコンを,CESの前々祭にあたるプレス・イベント「CES Unveiled」で公開した。CES本番では,さらに多くのパソコン・メーカーによって,ViiVパソコンやIntel Core Duoプロセッサ搭載パソコンが公開されるであろう。