PR

 OpenOffice.org日本ユーザー会は1月10日,NTTコムウェアが作成した「OpenOffice.org社内導入についての経過報告」と題する文書を公開した。NTTコムウェアではOpenOffice.orgの全社導入を目指しており,その先駆けとして2005年11月にオープンソースソフトウェア推進部内へOpenOffice.org2.0を導入,107名が全ての文書作成をOpenOffice.orgで行っているという。

 公開した文書は,本文である「OpenOffice.org社内導入についての経過報告」,Microsoft Officeのユーザー向けの入門資料
「OpenOffice.orgはじめの一歩」,ExcelとCalc・WordとWriterの対応や関数一覧などを収録した「OpenOffice.org適用対比表」,「メニュー/ツールバー一覧」,社内のQ&A掲示板の情報を取りまとめた「Q&A掲示板内容」。

 NTTコムウェアでは,NTTグループを対象にした,Linuxシンクライアント導入実験も進めている(関連記事)。

◎関連資料
OpenOffice.org社内導入についての経過報告