PR

 アップデートテクノロジーと日立ソフトウェアエンジニアリングは1月11日は、ソフトウエアの配布・管理で協業することを発表した。日立ソフトの情報漏えい対策ツール「秘文AE」シリーズとアップデートテクノロジーのソフトウエア配布ツール「アップデートエキスパート」を組み合わせた製品を開発し、「秘文AE」の配布・インストールを容易にする。

 「アップデートエキスパート」は現状ではWindowsの修正プログラムを中心にマイクロソフト製品しか自動配布できないが、今回、日立ソフトが「秘文AE」シリーズのうちの暗号化ツール「秘文AE Information Cypher」の主要機能をアップデートエキスパートで扱えるようにカスタマイズ。これを、「アップデートエキスパート秘文AE IC」として製品化する。

 「アップデートエキスパート秘文AE IC」は、2月1日から販売開始する予定。価格は、25ライセンスで1年間10万5000円など。6月末までは発売記念キャンペーンとして半額で販売する。

 両社は今後、他社の業務ソフトなどについても「アップデートエキスパート」の配信機能を利用して自動で配布・更新できるようにしていきたい考え。そのための開発を日立ソフトが請け負う。