PR

 Mozilla Foundationは1月11日(現地時間),オープンソースのメール・クライアントの新版Thunderbird 1.5を正式リリースした。日本語版も同時にリリースされており,現在Windows版とLinux版,MacOS X版が公開されている。

 1.5では自動更新機能が改良され,更新通知がわかりやすくなったとともに,更新の際にダウンロードするデータの大きさがほとんどのケースで0.5 Mバイト以下になったという。また,あて先アドレス補完リストを,自動的にメールを送った回数が多い相手を上位に表示する。メッセージ作成中の自動スペルチェックが可能になった。RSSリーダーはポッドキャスティングに対応した。メッセージから添付ファイルの削除が可能になった。サーバー上で動作するスパム・フィルタとの連携機能を備えた。メッセージ作成中に,下書きを自動保存するようにした。Kerberos認証への対応を行った。

 Thunderbird 1.5 日本語版はMozilla Japanのサイトなどからダウンロードできる。Mozillazineによれば,正式版はRC2(リリース候補版2)と同一であり,RC2のユーザーはアップグレードの必要はないとしている。

◎関連資料
Mozilla Thunderbird 1.5 リリースノート