PR

 1月10日(米国時間)に新型「iMac」や「MacBook Pro」,バージョンアップした「iLife '06」などを発表した米Appleであるが,それら新製品の担当者が「MacWorld Expo San Francisco 2006」の会場で,IT Proに対してQ&Aセッションを設けた。回答者は,ポータブル&ワイヤレス担当シニア・ディレクターのDave Russell氏,アプリケーション・マーケティング担当バイスプレジデントのRob Schoeben氏,iMac担当プロダクト・マネージャーのLaura Metz氏である。一問一答の内容は以下の通り。

Q:「iMac」や「MabBook Pro」では,チップセットに何を使っているか?

A:Intelの「945 Expressチップセット」である。

Q:MacBook Proに「Centrino」のロゴがないのはなぜか?

A:われわれは「AirMac」の無線LANを推奨している。このため,無線LANは独自に実装した。

Q:MacBook Proは,標準バッテリーだけで最大何時間稼働できるのか?

A:現在展示しているMacBook Proは,まだ製品版ではないので返答できない。しかし,ソフトウエアやハードウエアのチューニングを進め,「コンペティティブ」なバッテリー・ライフを目指している。

Q:MacBook Proでバッテリを変えた理由はなにか?

A:既存のバッテリーは厚みがあるため,薄型化を実現できないと考えたため。

Q:ブースで見たMacBook Proは,発熱がすごいように感じた。大丈夫なのか?

A:ブースにあるMacBook Proは製品前のものだ。製品化した際には,ソフトウエア,ハードウエアのチューニングが進むので,既存の製品と同じような温度に収まるはず。

Q:MacBook Proの液晶画面上部についたビデオ・チャット用カメラ「iSight」に,オート・フォーカス機能は付いているか?

A:オート・フォーカスではない。しかし,ノート・パソコンを使っているときの頭の位置は,誰でもほぼ同じだろう。問題ないと考えている。

Q:MacBook Proの「SuperDrive」が二層式DVDへの書き込みに対応していないのはどうしてか。iMacでは対応しているのに。

A:MacBook Proのデザイン・ゴールは,「かつてなく性能が高いノート・パソコン」だ。「2スピンドル・ハイパフォーマンス・マシン」というゴールを達成することを最優先した。実際のところ,二層式DVD対応のSuperDriveは厚みが無視できない。MacBook Proの薄さを実現するためには,二層式DVDへの対応を見送らざるを得なかった。

Q:MacBook Proのワイド液晶ディスプレイは,従来の同型PowerBookに比べて,液晶ディスプレイの解像度が下がっている。どうしてなのか?

A:MacBook Proでは,アスペクト比を業界標準に合わた。

Q:MacBook ProやiMacは,FireWire(IEEE1394)接続の外付けハードディスク・ドライブからOSをブートできるか?

A:できる。

Q:USB接続の外付けドライブからはブートできるか?

A:できない。

Q:「iLife '06」の「iMovie」では,HD動画の編集ができる。コーデックは何を採用しているか?

A:iMovieの内部では,中間コーデックを使っている。出力するときは,標準のコーデックが利用可能である。

Q:iLife '06の「iPhoto」で新規に搭載された「Photocasting」では,「.Mac」の共有アルバム上でどの程度の容量が使えるのか。また,Photocastingやビデオ・ポッドキャスティングを.Macで配信した場合,転送量の上限はどうなっているか?

A:サーバーの容量は,「iDisk」と同じで標準で1Gバイトだ。メールなどのデータ容量も1Gバイトに含まれる。この容量は,追加可能である。iMacのデータ転送量上限は,標準で月10Gバイトであるが,250Gバイトを上限に,有償で転送量を増やせる。