PR
エクストリームネットワークス代表取締役社長兼米Extreme Networks副社長の井戸直樹氏
エクストリームネットワークス代表取締役社長兼米Extreme Networks副社長の井戸直樹氏
[画像のクリックで拡大表示]

 レイヤー3スイッチ大手の米Extreme Networksの日本法人であるエクストリームネットワークスは2006年1月18日,2006年の市場展望と同社の戦略を語った。日本法人社長兼米Extreme Networks副社長の井戸直樹氏は,「2006年には景気回復とともにIT投資が増え,企業ではギガビット化が進む」と説明。通信事業者も新技術を適用した新サービスを展開するようになる。こうした状況下,販売を強化する。

 米Extreme Networksのワールドワイドでの基本理念は,モジュール型OS「ExtremeXOS」を武器に,データ,音声,動画を単一のインフラで統合するというもの。XOSでは,QoS(サービス品質)の制御やACL(アクセス制御リスト)の動的制御など,スイッチのポートに接続した機器ごとの設定データをディレクトリ・サービスから取得する運用が可能である。

 井戸氏は,「2005年は景気が悪かったためIT設備投資が鈍ったが,2006年には景気回復を受けて設備投資額が向上する」と展望。企業ではスイッチ機器のギガビット化が進み,帯域を消費するアプリケーションの浸透により,QoSのユーザーも増えると見る。一方,通信事業者は,従来のIEEE 802.1Qよりも扱えるバーチャルLAN(VLAN)の数を大きく増やした広域イーサネット・サービスなど新サービスに着手すると予測した。

 こうした市場環境を追い風に,販売体制を強化する。企業向け市場では,パートナ経由での販売チャネルをより強化。音声に強いベンダーやセキュリティに強いベンダーなど,SIベンダーの付加価値を利用して価格競争に陥らないよう商品の価値を維持する。一方で直販にも力を入れ,東京都文京区の本社内にデモンストレーション展示施設であるショー・ルームを設置する。通信事業者向けには,事業者各社の細かい要件を取り入れながら,新規通信サービスの企画段階から深く関われるよう,協力体制の強化に努める。