PR

 日本オラクルと日本ネットワーク・アプライアンス(NetApp)は1月19日、ドキュメント管理の分野で協業すると発表した。両社の製品の連携を容易にして、「日本版SOX法(企業改革法)の施行に向けて、より早く具体的な形で、内部統制を強化するための手段を提供する」(ネットアップの高沢冬樹マーケティング本部長)のが狙い。オラクルとNetAppの米本社が製品開発段階から連携し、個別に両社の製品を導入する場合よりも少ない工数で連携可能にする。

 今回の協業では、日本オラクルのグループウエア・ソフト「Oracle Collaboration Suite 10g」のデータ管理機能と、NetAppのストレージ装置に備わる改ざん防止機能「NetApp SnapLock」との連携を簡単にする。両製品を併用すると、ドキュメントが改ざんされず、法令に順守した形で保管されていることを証明できるので、社内文書の厳格な管理が可能になるとしている。

 従来はSnapLockを利用する際に、ファイルごとに読み取り専用にする、有効期限を設定するといった作業が必要だった。今回の協業で、こうした設定がCollaboration Suiteからポリシー・ベースで設定できるようになる。

 両社はパートナ企業に対して、共同でプロモーション活動を展開していく。両製品を同梱した形で共同販売したり、価格を値引きしたりすることは考えていないという。日本オラクルは、「まず日本版SOX法の対象となると予測される4000社に対して、利用方法を提案していきたい」(システム事業推進本部 営業推進本部 Fusion Middlewareグループ 三原茂担当シニアマネージャー)という。