PR
[画像のクリックで拡大表示]

 トレンドマイクロは1月23日,スパイウエア対策専用ソフト「スパイバスター 2006」を発表した。スパイウエアをリアルタイムで検出・駆除するほか,システム設定が勝手に改変されることを防ぐ。Windowsやアプリケーションのキャッシュや履歴情報を一括削除する機能なども備える。2月10日発売予定。同社オンライン・ショップでの販売予定価格は4725円(1ユーザー用パッケージ版)。

 同社が販売しているセキュリティ・ソフト「ウイルスバスター 2006」にもスパイウエア検出・駆除機能が備わっているものの,スパイバスターは同社が2005年5月に買収した米Intermuteの製品をベースにしている。このため,「パターンファイルや検索エンジンは別物」(トレンドマイクロ)。ただし,機能的には「ほぼ同等」(同社)。検出できるスパイウエアの数などは同程度であるという。

 ウイルスバスターにはないスパイウエア対策機能の一つは,「CWShredder(シー・ダブル・シュレッダ)」ツールを備えること。このツールは,駆除が難しいとされるスパイウエア「CoolWebSearch」専用の駆除ツールである。

 このほか,Windowsやアプリケーションのシステム設定の改変を監視する機能を備える。例えば,ブラウザのホームページや検索ページ,セキュリティ設定などを改変されそうになると警告を出す。また,Windowsのホスト(hosts)ファイルやスタートアップの内容などを変更されそうになった場合にも警告ウインドウを表示する。

 不要な情報流出を防止するために,Windowsやアプリケーションのキャッシュや履歴をまとめて削除する「履歴管理機能」も搭載している。

 同社では,スパイバスターと併用可能であることを検証したセキュリティ製品を,同社サイトでリストアップしている。現時点では「ウイルスバスター2005/2006 インターネット セキュリティ」と「シマンテック ノートン・インターネットセキュリティ 2005/2006」だけだが,そのほかの製品についても同社では検証中で「製品発売日までにはもっと増える予定」(同社)。

 価格はオープン。トレンドマイクロ・オンラインショップでの販売予定価格は,パッケージ版の1ユーザー用および2ユーザー用が,それぞれ4725円および7098円。ダウンロード版については,1ユーザー用が3570円,2ユーザー用が5376円。5ユーザー用が1万3377円。

◎参考資料
トレンドマイクロ初 スパイウェア対策専用ソフト 「スパイバスター(TM)2006」2月10日(金)より発売開始(プレスリリース)
動作確認済みのセキュリティソフト