日本ビクターは2006年1月25日,携帯デジタル音楽プレーヤーの新製品である「XA-E」シリーズ4機種を2月下旬に発売すると発表した。本体をミニコンポなどのオーディオ機器と接続すれば,パソコンを使用せずに楽曲を録音できる。MP3形式とWMA(Windows Media Audio)形式の楽曲ファイルに対応する。新製品の記憶容量は「XA-E105」と「XA-E103」が1Gバイト,「XA-E55」と「XA-E53」が512Mバイトである。それぞれ約500曲と約250曲の楽曲データを収録できる(圧縮方式がWMAで再生速度が64kb/s,1曲が4分の場合)。E105とE55にはFMラジオ放送チューナーを搭載した。市場推定価格はE105が2万5000円前後,E103が2万3000円前後,E55が1万9000円前後,E53が1万7000円前後である(1月25日発表)。