PR
配布する予定のハードウエア・トークン(プレスリリースから引用)
配布する予定のハードウエア・トークン(プレスリリースから引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 ジャパンネット銀行は1月26日,ネットバンキングの取引認証にワンタイム・パスワードを採用することを発表した。同行の口座利用者の全員(およそ130万人)が対象。9月からはワンタイム・パスワードによる認証に統一し,乱数表(IDカード)を使った従来の認証方法は利用できなくなる。なお,ワンタイム・パスワードの生成には,RSAセキュリティのハードウエア・トークン「SecurID」を採用。利用者全員に配布する。

 ジャパンネット銀行によれば,ネットバンキングの取引認証をトークンによるワンタイム・パスワードに統一するのは国内初の試みであるという。また,RSAセキュリティによれば,利用者全員にハードウエア・トークンのSecurIDを配布するのは世界でも初めてだという。

 トークンは5月ごろから順次配布し,9月ごろをめどに完了する予定。なお,今回の取引認証の変更をはじめとするセキュリティ・インフラの強化ならびにサービスの改善などに伴い,10月ごろをめどに口座維持手数料を改定する。具体的には,月額105円から月額189円に変更する。一定の利用基準(例えば,前月の平均残高が10万円以上)を満たす利用者は従来どおり無料。

◎参考資料
「トークン形式のワンタイムパスワードの標準化」について(プレスリリース)