PR

 ウィルコムは1月27日,最大32kビット/秒のサービスを料金据え置きで2倍の最大64kビット/秒に高速化すると発表した。対象となるのは,「つなぎ放題[1x]」と「リアルインターネットプラス[1x]」のユーザー。ただし端末が4xパケット方式に対応している必要がある。ウィルコムのインターネット接続サービス「PRIN」経由は2月1日から,その他のインターネット接続事業者経由は4月1日から開始する。

 つなぎ放題[1x]とリアルインターネットプラス[1x]は,最大32kビット/秒の通信が可能なチャネルを一つだけ使って通信するサービス。今回の改定により,月額料金はそのままで2チャネルを束ねた「2xパケット方式」を利用できるようにする。これに伴い,サービス名はそれぞれ「つなぎ放題」,「リアルインターネットプラス」に変更となる。

 音声端末単体でウィルコム経由でインターネット接続する場合は,設定を変更することなく自動的に2xパケット方式に変更される。その他のユーザーが高速化サービスを利用するには,ダイヤルアップ時の電話番号の末尾にある「##61」を「##64」に手動で変更する必要がある。

 パソコンを利用する場合,ウィルコムのWebページから「2x設定変更ツール」をダウンロードして実行する方法でも同様の変更が可能だ。