PR
[画像のクリックで拡大表示]

 「2010年にまでに顧客数を4倍以上にする。その時には売り上げの半分を、新規製品で稼いでいるはずだ」。SAPジャパンのロバート・エンスリン社長(写真)は1月30日、2010年までの中長期および、2006年度の戦略を発表した。2006年の注力点として、(1)顧客価値の向上(2)パートナーと共に成長する戦略の確立(3)人材の最大活用と能力開発(4)ESA(エンタープライズ・サービス・アーキテクチャ)をはじめとする技術革新の4つを挙げた。

 なかでも、エンスリン社長は「パートナーと共に成長する」という言葉を繰り返した。中堅企業市場を攻略するためには、パートナービジネスを強化し、SAP製品がカバーする市場を広げることが重要と考えているからだ。既に昨年にエンスリン氏が社長に就任して以来、主要パートナーとビジネスプランの共同策定を始めるなどの施策を始めている。

 さらに、今年中に「PartnerEdge(パートナーエッジ)」と呼ばれる中堅・中小企業市場向け販売パートナープログラムを導入することを明らかにした。「従来のパートナープログラムを簡素化し、日本国内のパートナー向けに直したもの」(エンスリン社長)と説明する。

 SAPジャパンは、2006年度の販売目標をソフトライセンスの売り上げで前年比15~17%増と掲げ、2001年以来の好業績だった2005年度を超える成長を見込む。同社の2005年度実績は、総売上高は前年比7%増、ソフト関連の売り上げが同8%増である。さらに2010年までの目標として、パートナービジネスの強化、ISV(独立系ソフトウエアベンダー)コミュニティの立ち上げ、パッケージの活用度が比較的低い金融、公共、小売の各分野でのトップシェアなどを挙げた。