PR
 グレープシティは2006年2月1日,マイクロソフトが昨年12月に出荷した開発ツールの最新版「Visual Studio 2005」用のコンポーネント3製品を発表した。製品名称は,「InputMan for .NET 4.0J Windows Forms Edition」,「El Tabelle MultiRow 4.0J」,「El Tabelle Sheet 4.0J」。それぞれ,Visual Studioの前バージョンであるVisual Studio .NET 2003向け製品である「InputMan for .NET 3.0J」,「El Tabelle for .NET 3.0J」の後継製品に当たる。.NET Framework 2.0で新たにコンポーネントを構築し,スマートタグによる各種設定やコード・スニペットなどVisual Studio 2005の新機能に対応した。3製品ともに3月中旬に出荷開始予定。

 InputMan for .NET 4.0J Windows Forms Editionは,入力用の各種コンポーネントを提供する。今回の製品では,マス目に文字を入力させるコントロールや,期間を指定するコントロールなど,新しいコントロールを用意したほか,かな漢字変換機能を制御する機能やバルーンチップを操作する機能をコンポーネントとして独立させた。この結果,Visual Studioの標準コントロールにも機能を提供できるようになった。

 El Tabelle MultiRow 4.0Jは,El Tabelle for .NET 3.0Jから明細書表示用の機能を分割して別製品にしたもの。データベースから取得したデータを複数行にわたって表示する「多段明細画面」を実現する機能を備える。ヘッダ部分に罫線やグラデーションを設定する機能や,PDF形式でシートを出力する機能など,新機能も搭載している。

 El Tabelle Sheet 4.0Jは,El Tabelle for .NET 3.0Jから表計算用の機能を分割した製品。セルのオートフィルなど,Excelのような使い勝手を実現するための新機能を追加した。また,XMLファイルの入出力にも新たに対応した。

 3製品とも,稼働OSはWindows 2000/XP/Server 2003。.NET Framework 2.0が必要。開発ツールはVisual Studio 2005のみに対応する。言語はVisual BasicとC#から選択可能。価格は3製品とも,パッケージ版が8万4000円,ダウンロード版が7万5600円(いずれも税込)。