PR

 マイクロソフトは2月3日,サーバーOSの更新版「Windows Server 2003 R2日本語版」の発売を発表した。Windows Server 2003(Service Pack 1適用済み)をベースに各種追加機能を搭載する製品で,2月1日にボリューム・ライセンス・プログラムによる提供を開始したほか,2月3日からパッケージ製品の販売を始めた。発表会では,R2の導入を決定した企業5社の名前が公表された。

 導入決定企業として公表されたのは,「アステラス製薬(旧山之内製薬と旧藤沢薬品が合併)」「鹿島建物総合管理」「コンデネット・ジェーピー」「住友金属工業」「第一三共」。アステラス製薬は,R2の上位エディションWindows Server 2003 R2, Enterprise Edition(R2 EE)とサーバー向け仮想マシン・ソフトVirtual Server 2005を活用して,仮想化環境を構築する。R2 EEでは,一つ分のOSのライセンスに対して,最大四つのWindows Serverの仮想インスタンスを追加料金無しで稼働させられる。「仮想インスタンスのOSは,ダウングレードするなど通常製品と同様に利用可能」(マイクロソフト Windows Server製品グループの中川哲マネージャ)という。ボリューム・ライセンスで今年6月30日までにR2 EEのライセンスを購入するユーザーにVirtual Server 2005 R2 Enterprise Editionを割安で提供するキャンペーンも始める。

 「更新版」は,リリース・アップデートとも呼ばれ,Windows Server 2003などをSA(ソフトウェア・アシュアランス)というライセンス付きで購入している場合は,無償でR2にアップグレードできるようになっている。一方,SAの付いていないWindows Server 2003などからのアップグレード・ライセンスやアップグレード・パッケージは用意されず,SAがない場合は新規にR2を購入する必要がある。パッケージ版の推定小売価格は,Windows Server 2003 R2, Standard Edition日本語版が17万6000円(5クライアント・アクセス・ライセンス付き),Windows Server 2003 R2, Enterprise Edition日本語版が71万9000円(25クライアント・アクセス・ライセンス付き)など。R2には32ビット版と64ビット版が用意されているが,32ビット版と64ビット版はエディションが同じなら推定小売価格も同じである。ちなみにVirtual Server 2005 R2 Enterprise Editionのキャンペーン中の推定小売価格は,Open Businessの場合が1万8600円(従来は4万500円)