PR

 米Advanced Micro Devices(AMD)は米国時間2月7日,同社のプロセッサが搭載する予定であるI/Oの仮想化技術(I/O Virtualization Technology)の仕様を一般に公開すると発表した。同社の開発者向けWebサイトでまもなくダウンロードできるようになる予定。同サイトでは,技術概要やソフトウエア開発ガイドなどのドキュメントもあわせて公開するという。

 I/Oの仮想化は,VMwareやVirtual PCなどの仮想化ソフトがハードウエアを仮想化するのをプロセッサ側で支援する技術。CPU自体の仮想化技術(Pacifica)とともに機能することで,パフォーマンスの劣化を防止するほか,仮想化ソフトの実装が簡単になるというメリットもある。ソフトウエア/ハードウエア・ベンダーは,同技術をロイヤリティ・フリーで利用できる。

 同技術は,2006年中盤以降に出荷されるすべてのAMDプロセッサがサポートする予定。AMD64プロセッサ向けチップ・セットには2006年中に実装される見込みという。