PR
SOA Test
SOA Test
[画像のクリックで拡大表示]

 テクマトリックスは2006年2月8日,SOA(サービス指向アーキテクチャ)の開発プロジェクト向けに,Webサービスを用いたシステムの接続性を検証するテスト・ツール「SOA Test」の出荷を開始した。価格は下位版のProfessional Editionが44万8000円(税別),仮想100ユーザー分の負荷テスト機能を追加した上位版のEnterprise Editionが180万円(税別)。開発会社は米Parasoft。

 SOA Testは,ネットワークを経由したWebアプリケーション・サーバー同士の接続性を検証するソフトである。個々のWebアプリケーションのテスト・ツールを補完する位置付け。SOA Testの背景には,Webサービスが異機種間接続を前提としており,発行したリクエストに対して期待通りのレスポンスを返すかなど,サービス同士の接続性試験が難しいという状況がある。

 テスト項目として,まず第1にWDSLの記述内容に矛盾がないかどうかやWS-Iの相互接続性などを定義内容から調査する解析機能を持つ。第2に,実際にサービスを動作させて監視し正当性を検証する。通信相手となるクライアント機能やサーバー機能をSOA Testがエミュレートするため,実際に接続試験をすることなく事前に問題点を洗い出せる。第3に,上位版のEnterprise Editionでは,複数の疑似クライアントからリクエストを発行して性能を調べる負荷テストを実施する。

 サービスの動作試験では,サービスが提供する機能を一通り動作させて結果を検証する単体テストと,テスト・ケースに基づいて連続するリクエストを順番通りに発行し,その結果を調べるシナリオ・テストが可能である。単体テストでは,WDSLの内容など事前に分かる情報を用いてテスト項目を自動的に生成できる。Enterprise Editionは,作成したテスト用シナリオを使った負荷テストが可能である。

 SOA Testの稼働OSはWindows 2000以降,Linux,Solaris。Javaランタイム環境としてJRE 1.4.2以降が必要。