PR

 日興コーディアル証券は2月8日、システム障害により、コールセンターを含む店頭での対面取引で受け付けた注文を、午前の取引開始から取引終了まで発注できなくなった。12時25分にシステムを復旧できたため、午後の取引については通常通り運用している。午前中に受け付けた注文については、「受け付け時点で発注したと仮定しているため、顧客に損害は出ない」としている。

 注文ができなくなったのは、全国の108店舗とコールセンターに設置した端末。顧客が店頭あるいは電話で申し込んだ注文を入力できなかった。原因について同社は、「イントラネットのプロキシ・サーバーに障害が発生したため」と説明する。同社のオンライン取引サービスである日興イージートレードは正常に稼働している。

 今回の障害に対して同社は、「今回発生しましたシステム障害につきまして、皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。今後、このようなことのないよう、再発防止に努めます」とのコメントを発表した。