PR
Voltage SecureMail Gateway Serverの受信画面例
Voltage SecureMail Gateway Serverの受信画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 三井物産セキュアディレクション(MBSD)は2月8日、電子メールを暗号化して送信するためのゲートウエイ・ソフトの新版の出荷を開始した。受信者側のユーザー・インタフェースを改良し、暗号化メールに不慣れなユーザーとのやり取りを容易にした(図)。

 新製品の「Voltage SecureMail Gateway Server V2」は、IAサーバー上で動作するゲートウエイ・ソフト。「IBE」(indentity-based encryption)と呼ぶ公開鍵暗号方式(PKI)により、メールの送信先アドレスを使って暗号化するため、受信者は専用のプラグイン・ソフトがなくても復号できる。

 今回、受信者側のユーザー・インタフェースの改良し、暗号化メールに不慣れなユーザーに対し、HTMLメールを使って復号化の手順を表示できるようにした。旧版では、暗号化されたテキストがそのまま受信者の画面に表示されるため、操作を戸惑うユーザーがいた。

 このほか、メールを暗号化するポリシーに、これまでの転送禁止、書き込み禁止に加え、「読み、返信のみ可能」の項目を追加。OpenPGPやS/MIMEを使った送受信をサポートした。同時に、暗号化/復号作業を容易にするプラグイン・ソフト「Voltage SecureMail Desktop V2」も用意した。OutlookとOutlook Express、Notesの3クライアントで利用できる。

 Voltage SecureMail Gateway Server V2の価格はオープン。市場参考価格は、約250万円から。同Desktopは1クライアント当たり約5000円になる見込み。