PR

 コールセンター大手のベルシステム24は、電話にWebサイトや電子メールなどを組み合わせたマーケティング支援サービスに乗り出す。第1弾として2月8日から、イベントの集客や来場者へのアフター・フォローなどを請け負うサービスを開始した。

 今回開始した「PROGRESイベント支援ASP」は、Webサイトやメール・マガジンを使ったイベント開催の告知や、来場者の中から抽出した見込み客に電話や電子メールを使った営業を代行するサービス。コールセンターの機能にWebサイトなどの手段を組み合わせることで、潜在顧客や見込み顧客の来場率を高められるという。業務委託した企業は、ブラウザ上で随時、集客状況や申込者の属性などを閲覧できる。集客用のWebサイトや案内メールの作成、来場者の名刺データの入力やお礼状の作成などの業務は、ベルシステム24が請け負う。

 新サービス開始に向けベルシステム24は、新システム「PROGRES(プログレス)」を日本オラクルと共同で開発した。日本オラクルのWebマーケティング・システム「ODS(Oracle Contact Database」に、ベルシステム24が独自に開発してきたコールセンター用システム「CMS(Call Management System)」の機能を組み込んだ。ODSが管理する顧客情報を基にコールセンターから電話をかけたり、電話をかけた際の反応をODSに登録し販促効果を分析したりできるようにした。ベルシステム24は今後、PROGRESを使って市場調査やキャンペーンなどを支援するサービスを順次投入する計画だ。

 PROGRESイベント支援ASPのサービス利用料金は、来場者数が1000人規模のイベントで250万円から。ベルシステム24は、初年度に1億4000万円の売り上げを見込んでいる。